テイクワン バンド DAY

テイクワン バンド DAY 2019/6/24-20/2/7

2017/12月からそれまで毎日あった上/下値の発表が毎週ごとの発表に変わりました。
でも18/6月末よりまた、毎日の発表が復活したように思われます。
夕方に発表されます。
ただ、時々、発表されないときもあるようです。
内容は、 本日の豪ドル/円(AUD/JPY)テクニカルポイント
から見ることができるのですが、発表されてから2日ぐらいで削除されています。

テイクワン バンド DAY 上/下値 の動き

テイクワン バンド DAY 上/下値の動きを列挙します。
なお、発表のない日については、前日の値を流用してチャ-ト化しています。

レ-ト要因
日付20/2/4 2/3日発表なし
U573.3641/29~2/3の61.8%戻し
U473.246週足基準線、月足転換線、ピボット2ndレジスタンス
U373.1661/29~2/3の50%戻し
U273.000大台、1/29~2/3の38.2%戻し、Pivot_1st_R
U172.9192/3高値
D172.5362/3安値後の押し目
D272.3272/3安値、-2σ、ピボット1stサポート
D372.000大台、ピボット2ndサポート
D471.83719/10/10安値、ピボットローブレイクアウト
D571.73419/10/3安値
日付20/2/5
U574.7451/16~2/4の61.8%戻し、ピボット2ndレジスタンス
U474.617週足・一目均衡表先行スパン下限、20日移動平均線
U374.438200日MA、日足基準線、週足転換線、20週MA
U274.3201/27高値、100日MA、1/16-2/4 50%戻、Pivot_1st_R
U174.0051/29高値、大台
D173.746日足・一目均衡表転換線
D273.526-1σ
D373.2692/4安値後 38.2%押、週足基準線、月足転換線
D473.0892/4安値後の50%押し、大台
D572.9092/4安値後の61.8%押し、ピボット1stサポート
日付20/2/6
U574.949日足・一目均衡表先行スパン下限、50日移動平均線
U474.7451/16~2/3の61.8%戻し、ピボット2ndレジスタンス
U374.617週足・一目均衡表先行スパン下限、20日移動平均線
U274.419200日MA、週足転換線、20週MA、Pivot_1st_R
U174.3402/5高値、100日移動平均、日足基準線
D173.9542/5高値後の押し目、大台
D273.638ピボット1stサポート
D373.5402/5安値、1/16~2/5の38.2%押、-1σ
D473.3341/16~2/5の50%押、日足・一目均衡表転換線
D573.246週足・一目均衡表基準線、月足・一目均衡表転換線
日付20/2/7
U574.617週足・一目均衡表先行スパン下限、Pivot_HBO
U474.51420日移動平均線、ピボット2ndレジスタンス
U374.3802/6高値、200日MA、20週MA、週足転換線
U274.283日足基準線、100日MA、Pivot_1st_R
U174.1362/6高値後の61.8%戻し
D173.872ピボット1stサポート
D273.725ピボット2ndサポート
D373.5402/5安値、2/3~2/5の38.2%押し
D473.438-1σ、ピボットローブレイクアウト
D573.3542/3~2/5の50%押し、日足・一目均衡表転換線

なお、19/6/24~20/1/31日のテイクワン バンド DAY 上/下値の値は、
19/6/24~7/5 19/7/8~7/19 19/7/22~8/2 19/8/5~8/16 19/8/19~8/30 19/9/2~9/13 19/9/17~9/30 19/10/1~10/15 19/10/15~10/25 19/10/28~11/8 19/11/11~11/22 19/11/25~12/6 19/12/9~12/30 20/1/6~1/31
から見ることができます。

テイクワン バンド チャ-ト DAY 表示

それでは上記一覧表を元にこれをチャ-ト化します。

2019/10/7~20/2/7   豪ドル/円 テイクワン バンド DAY

2019/6/24~10/25   豪ドル/円 テイクワン バンド DAY


テイクワン バンド DAYの見方

通常はロウソク足は上値5 と下値5 の間に入ってきます。
上げている時は上値側に、下げている時は下値側に、ロウソク足は片寄ります。
ロウソク足髭が上値5 を上抜けし、翌日、上値5 に迫っていなければ、上げは終了。
ロウソク足髭が下値5 を下抜けし、翌日、下値5 に迫っていなければ、下げは終了、 下値5 に迫っていれば、さらに翌日、下値5 に迫っていなければ、下げは終了。
2連続してロウソク足が下値5 を下抜けするとその後は横ばいになる。
と見て良いようです。
上げるか下げるかはテイクワン バンドの傾きを見ていれば分かる気がします。
上げだすと、上値に、下げだすと下値にロウソク足が反転して接近してきます。
活用できそうです。

  1. 19/6/27日

    6/27日高値(75.617円)及び終値(75.539円)が
    上値5( 6/13高値 75.265円)を
    上抜けしました。
    よって、6/28日以降の高値を鑑み新たな高値目処を設定します。
    その後、
    日付  高値 安値 終値
    6/27 75.617 75.221 75.539
    6/28 75.741 75.325 75.736
    7/ 1 76.277 75.430 75.517
    7/ 2 75.744 75.317 75.462
    となり、7/2日になり各値が切り下がりました。
    よって、
    7/1日高値 76.277円を新たな高値目処-190701
    とします。

  2. 19/7/9,10日

    7/9日安値(75.301円)及び7/10安値(75.287円)が
    下値5(7/3-4の76.4%押 75.316円)にタッチしました。
    よって、
    7/10日安値 76.287円を新たな安値目処-190710
    とします。

  3. 19/7/24日

    7/24日安値(75.346円)が
    下値5(6/18~7/22の38.2%押し、-2σ 75.309円)にほぼタッチしました。
    よって、
    7/24日安値 75.346円を新たな安値目処-190724
    とします。

  4. 19/7/26日

    7/26日安値(75.027円)が
    下値5 75.000円
    (大台、フィボナッチ 6/18-7/22 50%押、日足一目均衡表先行スパン下限、Pivot_LBO)
    にタッチしました。
    よって、
    7/26日安値 75.027円を新たな安値目処-190726
    とします。

  5. 19/8/1日

    8/1日安値(72.955円)及び終値(73.036円)が
    下値5(6/18安値 73.930円)を
    大きく下抜けしました。
    よって、8/2日以降の安値を鑑み新たな安値目処を設定します。

  6. 19/8/7日

    8/7日安値(70.739円)が
    下値5(09/7/13安値 70.717円)に
    タッチしました。
    よって、
    8/7日安値 70.739円を新たな安値目処-190807
    とします。

  7. 19/8/12~14日

    8/12日安値(70.900円)及び終値(71.052円)が
    8/9日下値5(ピボット2ndサポート 71.241円)を
    下抜けしました。
    よって、8/13日以降の安値を鑑み新たな安値目処を設定します。
    その後、
    日付  高値  安値  終値
    8/12 71.688 70.900 71.052
    8/13 72.926 70.967 72.534
    となり、8/13日になり各値が切り上がりました。
    よって、
    8/12日安値 70.900円を新たな安値目処-190812
    とします。
    これは、一番底 8/7日安値 70.739円 を切上げ、二番底になったと考えます。
    普通ならここで一旦コメントは終わりなのですが、
    8/13日は高値72.926円及び終値72.534円が
    13日上値5(72.000円 大台、-1σ、ピボット2ndレジスタンス)を上抜けしました。
    よって、8/14日以降の高値を鑑み新たな高値目処を設定することにします。
    その後、
    日付  高値  安値  終値
    8/13 72.926 70.967 72.534
    8/14 72.567 71.251 71.461
    となり、8/14日になり高値、終値が切下がりました。
    よって、
    8/13日高値 72.926円を新たな高値目処-190813
    とします。
    [7/1日高値 76.277円を新たな高値目処-190701]
    をやっと書き換えることがいできました。
    ずっと下がっていたんですね。
    普通ならここで一旦コメントは終わりなのですが、まだ物語は続きます。
    今度は、8/14日安値71.251円及び終値71.461円が
    14日下値5(71.674円 8/12-8/13の61.8%押)を下抜けしました。
    よって、8/15日以降の安値を鑑み新たな安値目処を設定することにします。
    いやはや展開が速いですね。 その後
    日付  高値  安値  終値
    8/14 72.567 71.251 71.461
    8/15 72.493 71.336 71.905
    となり、8/15日になり安値、終値が切上がりました。
    よって、
    8/14日安値 71.251円を新たな安値目処-190814
    とします。
    これは、一番底 8/7日安値 70.739円 二番底 8/12日安値 70.900円を切上げ、 三番底になったと考えます。

  8. 19/8/23~27日

    8/23日安値(71.027円)及び終値(71.107円)が
    下値5(8/14日安値 71.251円)を
    下抜けしました。
    よって、8/26日以降の安値を鑑み新たな安値目処を設定します。
    その後、
    8/26日高値(72.073円)及び終値(71.872円)が
    上値5(8/21~26 安値の50%戻 71.174円)
    を上抜けしました。
    よって、
    8/26日安値 69.951円を新たな安値目処-190826
    とします。
    これば、一~三番底を下抜けしましたので、大底となった可能性があります。
    どうでしょうか?
    そしてさらに、上値5 を上抜けもしていますので、 8/27日以降の高値を鑑み新たな高値目処を設定します。
    目まぐるしいですね。 その後、
    日付  高値  安値  終値
    8/26 72.073 69.951 71.872
    8/27 71.929 71.262 71.392
    となり、8/27日になり高値、終値が切下がりました。
    よって、
    8/26日高値 72.073円を新たな高値目処-190826
    とします。

  9. 19/9/4日

    9/4日高値(72.338円)及び終値(72.336円)が
    上値5(大台72.000円)
    を上抜けしました。
    そして、9/5日高値(73.142円)が
    9/5日上値5(72.926円 8/13高値、ピボット2ndレジスタンス)
    を上抜けしました。
    よって、9/6日以降の高値を鑑み新たな高値目処を設定します。
    その後、
    日付  高値  安値  終値
    9/ 4  72.338 71.556 72.336
    9/ 5  73.142 72.249 72.886
    9/ 6  73.285 72.832 73.228
    9/ 9  73.658 73.032 73.602
    9/10 73.828 73.416 73.778
    9/11 74.196 73.671 74.009
    9/12 74.480 73.874 74.199
    9/13 74.491 74.159 74.384
    9/16 74.276 73.837 74.241
    となり、やっと 9/16日に高値、安値、終値の三値が切下がりました。
    よって、
    9/13日高値 74.491円を新たな高値目処-190913
    とします。

  10. 19/9/19日

    9/19日安値(73.121円)が
    下値5(50日移動平均線 73.309円)
    を下抜けしました。
    よって、9/20日以降の安値を鑑み新たな安値目処を設定します。
    その後
    日付  高値  安値  終値
    9/20 73.453 72.698 72.700
    9/23 73.038 72.615 72.806
    9/24 73.299 72.719 72.802
    9/25 73.075 72.474 72.735
    9/26 72.985 72.626 72.768
    9/27 73.312 72.626 73.030
    となり、27日は高/安/終値が共に切上がりました。
    よって、
    9/25日安値 72.474円を新たな安値目処-190925
    とします。

  11. 19/10/1日

    下値5(9/3-13 61.8%押、Pivot_LBO 72.394円)を
    10/1日安値(72.047円)及び終値(72.229 円)
    が下抜けしました。
    よって、10/2日以降の安値を鑑み新たな安値目処を設定します。
    その後
    日付  高値  安値  終値
    10/1 73.363 72.047 72.229
    10/2 72.476 71.735 71.863
    10/3 72.158 71.734 72.050
    10/4 72.449 71.995 72.335
    となり、4日は高/安/終値が共に切上がりました。
    よって、
    10/3日安値 71.734円を新たな安値目処-191003
    とします。

  12. 19/10/10~17日

    10/10日高値(73.074円)が
    10日上値5(大台 73.000円)を
    上抜けしました。
    そしてまた、
    10/11日高値(73.950円)が
    11日上値5(20週移動平均線 73.782円)を
    上抜けしました。
    よって、10/14日以降の高値を鑑み新たな高値目処を設定します。
    その後
    日付   高値   安値   終値
    10/10 73.074 71.837 72.971
    10/11 73.950 72.861 73.590
    10/14 73.737 72.994 73.457
    10/15 73.679 73.081 73.559
    10/16 73.553 73.050 73.523
    10/17 74.396 73.394 74.145
    となり、17日高値(74.396円)が
    17日上値5(9/18高値 74.257円)
    を上抜けしました。
    未だ、上昇トレンドとみてよいと思います。
    よって更に、10/18日以降の高値を鑑み新たな高値目処を設定します。
    その後
    日付  高値  安値  終値
    10/17 74.396 73.394 74.145
    10/18 74.355 74.067 74.321
    10/21 74.723 74.095 74.578
    10/22 74.821 74.300 74.382
    10/23 74.507 74.010 74.495
    10/24 74.492 73.931 74.062
    となり、やっと24日は高/安/終値が共に切下がりました。
    よって、
    10/22日高値 74.821円を新たな高値目処-191022
    とします。

  13. 19/10/31日

    10/31日安値(74.321円)が
    下値5(ピボット2ndサポート 74.322円)にタッチしました。
    よって、
    11/1日以降の安値を鑑み新たな安値目処を設定します。
    その後
    日付  高値  安値  終値
    10/31 75.292 74.321 74.457
    11/ 1  74.881 74.357 74.784
    となり、1日は安値/終値が切上がりました。
    よって、
    10/31日安値 74.321円を新たな安値目処-191031
    とします。

  14. 19/11/5~11日

    11/5日高値(75.401円)が
    上値5(75.292円)
    10/31高値、4/17-8/26 50%戻、月足転換線、Pivot_HBO
    を上抜けしました。
    よって、11/6日以降の高値を鑑み新たな高値目処を設定します。
    その後
    日付  高値  安値  終値
    11/ 5  75.401 74.660 75.228
    11/ 6  75.297 74.813 75.028
    11/ 7  75.668 74.568 75.361
    11/ 8  75.553 74.742 74.891
    11/11 74.954 74.600 74.703
    となり、11日は高/安/終値は共に切下がりました。
    よって、
    11/7日高値 75.668円を新たな高値目処-191107
    とします。

  15. 19/11/14日

    14日安値(73.357円)及び終値(73.563円)が
    下値5 73.629円
    20週移動平均線、ピボットローブレイクアウト
    を下抜けしました。
    よって、
    11/15日以降の安値を鑑み新たな安値目処を設定します。
    その後
    日付  高値  安値  終値
    11/14 74.423 73.357 73.563
    11/15 74.179 73.531 74.178
    となり、15日は安値/終値が切上がりました。
    よって、
    11/14日安値 73.357円を新たな安値目処-191114
    とします。

  16. 19/12/12日

    12/12日高値(75.592円)及び終値(75.484円)が
    上値5(75.332円)
    月足・一目均衡表転換線
    を上方向に抜き去りました。
    よって、12/13日以降の高値を鑑み新たな高値目処を設定します。
    その後
    日付  高値   安値  終値
    12/12 75.592 74.531 75.484
    12/13 75.968 74.974 75.152
    12/16 75.623 75.125 75.424
    12/17 75.411 74.943 75.021
    となり、17日は高/安/終値が共に切下がりました。
    よって、
    12/13日高値 75.968円を新たな高値目処-191213
    とします。

  17. 19/12/27 - 1/3日

    12/27日高値(76.540円)及び終値(76.500円)が
    上値5(76.180円)
    5/22高値、5/30高値、7/22高値
    を上抜けしました。
    よって、12/30日以降の高値を鑑み新たな高値目処を設定します。
    その後
    日付  高値   安値  終値
    12/27 76.540 76.014 76.500
    12/30 76.506 76.091 76.151
    12/31 76.431 76.057 76.232
    1 / 2   76.323 75.674 75.866
    となり、やっと1/2日は高/安/終値が共に切下がりました。
    よって、
    12/27日高値 76.540円を新たな高値目処-191227
    とします。
    動きは目まぐるしいです。
    12/30日下値5(75.692円)を 1/2日安値(75.674円)が下抜けしました。
    よって、1/3日以降の安値を鑑み新たな安値目処を設定したいと思います。
    その後
    日付  高値  安値  終値
    1/2 76.323 75.674 75.866
    1/3 75.890 74.855 75.111
    1/6 75.264 74.730 75.228
    1/7 75.256 74.348 74.507
    1/8 75.062 73.759 74.944
    1/9 75.196 74.844 75.103
    となり、やっと9日は高/安/終値が共に切上がりました。
    よって、
    1/8日安値 73.759円を新たな安値目処-200108
    とします。

  18. 20/1/21-2/7日

    1/21日下値5(75.188円)
    ピボットローブレイクアウト、-1σ
    を 1/21日安値(75.111円)がタッチ下抜けしました。
    よって、1/22日以降の安値を鑑み新たな安値目処を設定したいと思います。
    その後
    日付  高値  安値  終値
    1/21 75.807 75.111 75.190
    1/22 75.402 75.033 75.176
    1/23 75.486 74.651 74.958
    1/24 75.164 74.429 74.568
    1/27 74.320 73.543 73.607
    1/28 73.827 73.289 73.810
    1/29 74.005 73.446 73.615
    1/30 73.640 72.798 73.238
    1/31 73.432 72.457 72.479
    2/ 3  72.919 72.327 72.731
    2/ 4  73.845 72.496 73.803
    となり、やっと2/4日は高/安/終値が共に切上がりました。
    よって、
    2/3日安値 72.327円を新たな安値目処-200203
    とします。
    ● 動きは目まぐるしいです。
    2/4日上値5(73.364円) 1/29-2/3 61.8%戻 を
    2/4日高値(73.845円)、及び終値(73.803円)
    が上抜けしました。
    よって、2/5日以降の高値を鑑み新たな高値目処を設定したいと思います。 その後
    日付  高値  安値  終値
    2/4 73.845 72.496 73.803
    2/5 74.340 73.540 74.087
    2/6 74.380 73.979 74.019
    2/7 74.086 73.049 73.303
    となり、やっと2/7日は高/安/終値が共に切下がりました。
    よって、
    2/6日高値 74.380円を新たな高値目処-200206
    とします。
    ● 目まぐるしい動きが止まりません。
    2/7日下値5(73.354円)
    2/3~2/5の50%押し、日足・一目均衡表転換線 を
    2/7日安値(73.049円)及び終値(73.303円)
    が下抜けしました。
    よって、2/10日以降の安値を鑑み新たな安値目処を設定したいと思います。


最新テイクワン バンド DAY に進む

GoDollar に戻る