テイクワン バンド

テイクワン バンド作成 2019/6/24-20/2/7

それでは、2019/6/24~20/2/7日分の上値 10~1、下値 1~10 を元にテイクワン バンドを表示してみます。
19/6/24~20/2/7日(最新)分の動画は、
2019/6/24 2019/7/29 2019/11/11 2019/12/23 2020/1/6 2020/1/14 2020/1/20 2020/1/27 2020/2/3
から見ることができます。

テイクワン バンド上/下値 最新の動き

テイクワン バンド上/下値の最新値を表示します。

表の見方

  1. 項目

    項目には抵抗・支持線となる候補が価格順に列挙されています。

  2. 適正と考えられる抵抗・支持値があれば順の列に U12~U1-D1~D12 のランク指定が入っています。

  3. 注意点

    ほとんどの値は変化しませんが、日により変化するものもありますので注意が必要です。

  4. その他

    2019/7/29日より表の書式を変更しました。

レ-ト要因
日付20/1/6
U1276.700 +2σ、ピボットハイブレイクアウト
U1176.6014/17-8/26 61.8%戻
U1076.54012/27-12/30高値
U976.43112/31高値
U876.3231/2高値、ピボット2ndレジスタンス
U776.239週足先行スパン下限
U676.015 +2σ、大台
U575.8901/3高値、12/27-1/6朝安値 61.8%戻
U475.716ピボット1stレジスタンス
U375.635日足転換線、50週MA、12/27-1/6朝安値 50%戻
U275.42112/27-1/6朝安値 38.2%戻、20日移動平均線
U175.324月足・一目均衡表転換線
D174.962200日移動平均線、週足・一目均衡表転換線、大台
D274.8551/3安値
D374.78750日移動平均線
D474.647-1σ、ピボット1stサポート
D574.53112/12安値
D674.200日足・一目均衡表先行スパン上限、Pivot_2nd_S
D774.13710/3-11/27 50%押、20週移動平均線
D873.94012/11安値、-2σ、大台
D973.82712/10安値、100日移動平均線
D1073.70511/25-26安値、日足・一目均衡表先行スパン下限
日付20/1/14
U1177.3735/8高値
U1077.2285/10高値
U977.000大台
U876.8305/13高値
U776.6014/17-8/26 61.8%戻、Pivot_HBO
U676.54012/27-30高値、+2σ
U576.43112/31高値
U476.3231/2高値、ピボット2ndレジスタンス
U376.212週足・一目均衡表先行スパン下限
U276.101Pivot_1st_R
U176.0021/13高値、+1σ、大台
D175.45920日移動平均線、50週移動平均線、Pivot_1st_S
D275.4881/13安値
D375.324月足・一目均衡表転換線、Pivot_2nd_S
D475.1031/10安、Pivot_LBO、1/8-13 38.2%押、日足基準線
D575.000日足/週足転換線、大台、-1σ
D674.8441/9安値、200/50日MA、1/8-13 50%押
D774.6161/8-13 61.8%押
D874.543 -2σ
D974.441日足・一目均衡表先行スパン上限
D1074.36220週移動平均線
D1174.068100日移動平均線、大台
日付20/1/20
U1177.3735/8高値
U1077.2285/10高値
U977.000大台
U876.8305/13高値
U776.6014/17-8/26 61.8%戻、+2σ
U676.54012/27-30高値、Pivot_HBO
U576.43112/31高値
U476.3231/2高値、ピボット2ndレジスタンス
U376.2391/16高値
U276.1681/17高値、+1σ
U176.000大台、Pivot_1st_R
D175.5811/15安値、Pivot_1st_S
D275.4881/13安値、50週移動平均線
D375.358週足先行スパン下限、月足転換線、Pivot_2nd_S
D475.2771/8-16 38.2%押
D575.1031/10安,Pivot_LBO,日足基準線,週足転換線,-1σ
D674.9871/8-16 50%押、日足・一目均衡表転換線、大台
D774.92350日移動平均線
D874.8441/9安値
D974.770200日移動平均線、日足先行スパン上限
D1074.6971/8-16 61.8%押、-2σ
D1174.48520週移動平均線
D1274.202100日移動平均線
D1374.000大台
D1473.82712/10安値、日足・一目均衡表先行スパン下限
日付20/1/27
U975.8881/20高値
U875.8071/21高値
U775.747Pivot_HBO
U675.4861/23高値、ピボット2ndレジスタンス
U575.3601/16-27朝安61.8%戻,20日MA,50週MA,月足転換線
U475.1641/24高値、週足転換線、日足基準線
U375.0891/16-27朝安50%戻、日足転換線
U274.97650日移動平均線、大台、Pivot_1st_R
U174.812日足先行スパン上限、-1σ、1/16-27朝安38.2%戻
D174.4291/24安値、100日MA、20週MA
D274.217 -2σ、Pivot_1st_S
D374.000大台、Pivot_2nd_S
D473.903日足・一目均衡表先行スパン下限
D573.82712/10安値
D673.70611/25-26安値、1/8安値
D773.58211/22安値、Pivot_LBO、10/3-12/27 61.8%押
D873.48511/21安値
D973.35711/14安値
D1073.246週足・一目均衡表基準線
D1172.99410/14安値、大台
日付20/2/3
U1074.097Pivot_HBO
U974.0051/29高値、日足転換線、大台
U873.9021/16-31 38.2%戻
U773.764Pivot_2nd_R
U673.6401/30高値、-1σ、1/29-31 76.4%戻
U573.4321/31高値、1/29-31 61.8%戻
U473.2311/29-31 50%戻、週足基準線
U373.122Pivot_1st_R
U273.000大台、1/29~1/31の38.2%戻
U172.8221/16-31 23.6%戻
D172.147Pivot_1st_S
D272.000大台
D371.83719/10/10安値、Pivot_2nd_S
D471.73419/10/3安値
D571.55619/9/4安値
D671.172Pivot_LBO
D771.09819/9/3安値
D871.000大台
D970.000大台
D1069.95119/8/26安値、大台

なお、2019年6月24日~19/12/23日のテイクワンバンド上/下値の動きは、
テイクワン バンド 2019/2/26~10/25
テイクワンバンド作成 2019/6/24~7/22
テイクワンバンド上/下値の動き 2019/7/29~19/8/26日
テイクワンバンド上/下値の動き 2019/9/2~19/9/30日
テイクワンバンド上/下値の動き 2019/10/28~19/11/25日
テイクワンバンド上/下値の動き 2019/12/2~19/12/23日
から参照してください。

テイクワン バンド チャ-ト表示

それでは上記一覧表の U10~D10 を元にこれをチャ-ト化します。

  円

  2019/10/7~20/2/7   豪ドル/円 テイクワン バンド

  円

  2019/6/24~19/10/25   豪ドル/円 テイクワン バンド



テイクワン バンドの見方

通常はロウソク足は上値10 と下値10 の間に入ってきます。
上げている時は上値側に、下げている時は下値側に、ロウソク足は片寄ります。
ロウソク足髭が上値10 を上抜けし、翌日、上値10 に迫っていなければ、上げは終了。
ロウソク足髭が下値10 を下抜けし、翌日、下値10 に迫っていなければ、下げは終了、 下値10 に迫っていれば、さらに翌日、下値10 に迫っていなければ、下げは終了。
2連続してロウソク足が下値10 を下抜けするとその後は横ばいになる。
と見て良いようです。
上げるか下げるかはテイクワン バンドの傾きを見ていれば分かる気がします。
上げだすと、上値に、下げだすと下値にロウソク足が反転して接近してきます。
活用できそうです。

  1. 19/6/28日

    久しぶりのコメントです。
    6/27日高値(75.617円)及び終値(75.539円)が
    上値9-10(6/12日高値 75.575円)を
    上抜け及びタッチしました。
    よって、6/28日以降の高値を鑑み新たな高値目処を設定したいと思います。
    その後、
    日付  高値 安値 終値
    6/27 75.617 75.221 75.539
    6/28 75.741 75.325 75.736
    7/ 1 76.277 75.430 75.517
    7/ 2 75.744 75.317 75.462
    となり、7/2日になり各値が切り下がりました。
    よって、
    7/1日高値 76.277円を新たな高値目処-190701
    とします。

  2. 19/7/29日

    下値9(73.930円)~下値10(73.000円)
    の間が大きくあいています。
    下値9(6/18安値 73.930円)を終値が切ってしまったら危険です。
    崩れてしまいます。
    警戒しましょう。

  3. 19/8/1日

    8/1日安値(72.955円)が
    下値10(大台 73.000円)
    にタッチ下抜けしました。
    よって、8/2日以降の安値を鑑み新たな安値目処を設定したいと思います。
    その後、
    日付 高値  安値  終値
    8/1 74.851 72.955 73.036
    8/2 73.157 72.221 72.459
    8/5 72.459 71.404 71.630
    8/6 72.711 71.237 71.948
    8/7 72.052 70.739 71.823
    8/8 72.361 71.575 72.146
    となり、8/8日になり各値が切り上がりました。
    よって、
    8/7日安値 70.739円を新たな安値目処-190807
    とします。

  4. 19/8/13~15日

    8/13日高値(72.926円)が
    上値9(7/22-8/7 38.2%戻、日足・一目均衡表転換線 72.811円)
    を上抜けしました。
    よって、8/14日以降の高値を鑑み新たな高値目処を設定したいと思います。
    その後、 日付 高値  安値  終値
    8/13 72.926 70.967 72.534
    8/14 72.567 71.251 71.461
    8/15 72.493 71.336 71.905
    となり、高値は切下がって行きました。 よって、
    8/13日高値 72.926円を新たな高値目処-190813
    とします。

  5. 19/9/5日

    9/5日高値(73.142円)が
    上値10(72.926円 8/13日高値)
    上値11(73.057円 週足・一目均衡表転換線、大台)
    を上抜けしました。
    よって、9/6日以降の高値を鑑み新たな高値目処を設定したいと思います。
    その後、
    日付  高値  安値  終値
    9/ 5  73.142 72.249 72.886
    9/ 6  73.285 72.832 73.228
    9/ 9  73.658 73.032 73.602
    9/10 73.828 73.416 73.778
    9/11 74.196 73.671 74.009
    9/12 74.480 73.874 74.199
    9/13 74.491 74.159 74.384
    9/16 74.276 73.837 74.241
    となり、やっと 9/16日に高値、安値、終値の三値が切下がりました。
    よって、
    9/13日高値 74.491円を新たな高値目処-190913
    とします。

  6. 19/9/20日

    9/20日安値(72.698円)及び終値(72.700 円)が
    下値10(8/26-9/13 38.2%押 72.757円)
    を下抜けしました。
    よって、9/23日以降の安値を鑑み新たな安値目処を設定したいと思います。
    その後
    日付  高値  安値  終値
    9/20 73.453 72.698 72.700
    9/23 73.038 72.615 72.806
    9/24 73.299 72.719 72.802
    9/25 73.075 72.474 72.735
    9/26 72.985 72.626 72.768
    9/27 73.312 72.626 73.030
    となり、27日は高/安/終値が共に切上がりました。
    よって、
    9/25日安値 72.474円を新たな安値目処-190925
    とします。

  7. 19/11/14日

    14日安値(73.357円)及び終値(73.563円)が
    下値10 73.632円 50日移動平均線
    を下抜けしました。
    よって、
    11/15日以降の安値を鑑み新たな安値目処を設定します。
    その後
    日付  高値  安値  終値
    11/14 74.423 73.357 73.563
    11/15 74.179 73.531 74.178
    となり、15日は安値/終値が切上がりました。
    よって、
    11/14日安値 73.357円を新たな安値目処-191114
    とします。

  8. 19/12/13日

    12/13日高値(75.968円)が
    上値10(75.668円 11/7高値)
    を上抜けしました。
    よって、12/16日以降の高値を鑑み新たな高値目処を設定したいと思います。
    その後
    日付  高値   安値  終値
    12/13 75.968 74.974 75.152
    12/16 75.623 75.125 75.424
    12/17 75.411 74.943 75.021
    となり、17日は高/安/終値が共に切下がりました。
    よって、
    12/13日高値 75.968円を新たな高値目処-191213
    とします。

  9. 20/1/23-2/4日

    23日安値(74.651円)が
    下値10 74.697円 1/8-16 61.8%押、-2σ
    を下抜けしました。
    よって、
    1/24日以降の安値を鑑み新たな安値目処を設定します。
    その後
    日付  高値  安値  終値
    1/23 75.486 74.651 74.958
    1/24 75.164 74.429 74.568
    1/27 74.320 73.543 73.607
    1/28 73.827 73.289 73.810
    1/29 74.005 73.446 73.615
    1/30 73.640 72.798 73.238
    1/31 73.432 72.457 72.479
    2/ 3  72.919 72.327 72.731
    2/ 4  73.845 72.496 73.803
    となり、やっと2/4日は高/安/終値が共に切上がりました。
    よって、
    2/3日安値 72.327円を新たな安値目処-200203
    とします。

  10. 20/2/5-7日

    2/5日高値(74.340円)及び終値(74.087)が
    上値10(74.097円 Pivot_HBO)
    を上抜けタッチしました。
    よって、2/6日以降の高値を鑑み新たな高値目処を設定したいと思います。
    その後
    日付  高値  安値  終値
    2/5 74.340 73.540 74.087
    2/6 74.380 73.979 74.019
    2/7 74.086 73.049 73.303
    となり、2/7日は高/安/終値が共に切下がりました。
    よって、
    2/6日高値 74.380円を新たな高値目処-200206
    とします。


最新テイクワン バンド に進む
テイクワン バンド 2019/2/26~10/25 に戻る
テイクワン バンド 2019/6/24~7/22 に戻る
テイクワン バンド 2018/10/29~19/6/24 に戻る
テイクワン バンド 2018/10/29~19/3/1 に戻る
テイクワン バンド 2018/7/2~11/2 に戻る
テイクワン バンド 2018/2/26~7/13 に戻る
テイクワン バンド 2018/1/1~5/11 に戻る
テイクワン バンド 2017/11/1~1/10 に戻る
テイクワン バンド 2017/9/1~11/10 に戻る
テイクワン バンド 2017/7/3~9/8 に戻る
テイクワン バンド概要 に戻る

GoDollar に戻る