豪ドル・円 シミュレ-ション

豪ドル・円 シミュレ-ション概要

やっと2ヶ月分の日足ロ-ソク足を効率的に描写することができるようになったので、 豪ドル・円レ-トをシミュレ-ションしてみることにしました。

豪ドル・円 シミュレ-ション条件

  1. 乱数使用  

    乱数を利用してアットランダムに豪ドル/円が変動するようにします。

  2. 継続性

    終値は翌日の始値と等しくなるようにして、連続性を保ちます。
    よって、現実にはときたま起こりうる窓開けは起こりません。

  3. ボラティリティ(変動度合い)

    最大で 1.5円をみています。
    すなわち、±0~1.5 円/日 としてみました。
    又、50回に1回の確率でボラティリティを 3.33 倍、すなわち
    ±0~5 円/日 に拡大しています。

  4. 髭の長さ

    髭の長さが短い方向へレートが動きやすいと一般的にいわれるので、 上髭と下髭の長さを比較し、長さが短い方向にボラティリティを発生させています。
    また、上髭、下髭、それぞれ独立して 0~2 円の髭がランダムに発生するようにしています。

  5. 期間

    仮に、6/1~7/31日の毎日に取引があるとし、60日分の日足を 5日区切りに表示しています。
    スタ-トは 80円としました。

  6. シミュレ-ション時間

    1回のシミュレ-ションには2秒程度の時間がかかります。
    高速には処理できません。あしからず!

シミュレ-ションする


これは 357 回目のシミュレ-ション表示です。

豪ドル・円 シミュレ-ション結果

1回シミュレ-ションすると 60日分すなわち約3ヶ月分のシミュレ-ションをしたことになります。
よって4回シュミレ-ションをすると1年分のシミュレ-ションを行ったのと同じになります。
やってみると、レンジ相場やトレンド相場が発生しますし、実際の動きに似た状況になります。
損をしたときシミュレ-ションしてみると気分転換になりますし、ヒントをつかめるかもしれません。

  1. 損をしたら  

    損失が発生したら、損切りも大切。
    でも、60日ぐらい待てばどこかでまたもとに戻るケ-スが多い。
    それはシミュレ-ションを何度かしてみればわかります。
    損失が出てもあわててはいけません。
    じっくり構えましょう。
    もし損切りするなら、大損する前にすぐに切りましょう。

  2. 益がでたら  

    利益が発生したら、早めに利益確定しましょう。
    もっと益がでるのではないかと考えても、60日ぐらい待てばどこかでまたもとに戻るケ-スが多い。
    それはシミュレ-ションを何度かしてみればわかります。
    もしスワップポイント狙いなら、じっくり構えましょう。
    もとに戻ったとしても又利益が発生します。

  3. 迷ったら  

    一回だけシミュレ-ションしましょう。
    もし現在のレ-トが 81円だったら、縦軸の目盛りに +1 円した値がこれからの予測レ-トです。
    その結果を信じてトレ-ドします。
    結構あたりますよ。お試しを!
    ただし、責任は負いかねます。

GoDollar に戻る